人生これから

人生なんでもこれから!の気持ちで、綺麗になるため脱毛にも取り組みましょう!

<ムダ毛に悩むお子さんには、キッズ脱毛>


最近の女の子は一昔前と違って、発育も早いですし、
美に対する意識も高くなってきています。

中には小学生の時からムダ毛を気にする子も多くなってきました。

大人の女性であれば、カミソリを使ったり、脱毛サロンに行ったり、家庭用脱毛器を買ったりできますが、
子どもはそうもいきませんよね。

では、子どもが脱毛をしたいと言い出した場合、どうしたらいいのでしょう?

一番のオススメは、キッズ脱毛に通わせてあげることです。

キッズ脱毛とは、子どもの弱い肌でも大丈夫なように、
出力を弱めに改良されたものを使ってくれる、子ども専用脱毛です。

この脱毛であれば、子どもの肌でも安全に脱毛することができますよ。

ただ、18歳未満の子どもが脱毛をしても、
一時しのぎにしかならないということは、覚えておきましょう。

18歳未満の子どものホルモンは、日に日に変化しているので、
毛周期は乱れますし、発毛のホルモンも変化します。

なので、脱毛を行ってすぐは綺麗になると思いますが、
何か月かするとまた生えてきてしまうので、注意しましょう。


<アンダーヘア脱毛の魅力>


アンダーヘアはワキや腕のように、人に見られる場所ではないので、
頻繁に処理をしているという女性は少ないですよね。

しかし、アンダーヘアの脱毛には、たくさんのメリットがあるんですよ♪
どんなメリットがあるのかというと、

・衛生的

アンダーヘアの脱毛をすると、生理時の蒸れや痒みが軽減されるほか、
排泄物が付着することも防ぐことができるので、大変衛生的です。

・下着や水着に制限がない

アンダーヘアを綺麗に整えておけば、小さな水着だって、
Tバックのような際どい下着だって、美しく履きこなすことができます。

・見た目が綺麗

やはり放置している人よりも、長さや毛量など、
きちんと整えている人の方が美しいです。
女性なので、いつなにがあるかわかりませんからね♪

このように、アンダーヘアの脱毛には魅力がいっぱいなんです。

今アンダーヘアの脱毛は、お得なコースが組まれている場合が多いので、
興味のある人は、そちらで是非お得にアンダーヘアの脱毛を行ってみてください。


<永久脱毛ができる脱毛法>


永久脱毛を行うには、脱毛法が限られているのをご存じですか?

その脱毛法とは①医療レーザー脱毛と、②針脱毛です。

医療レーザー脱毛とは、医療用レーザーという強力なレーザーを使って脱毛を行うもので、
毛根にくっついている毛母細胞を破壊して、ムダ毛の発毛を阻止します。

痛みはフラッシュ脱毛に比べると、多少痛みは強くなりますが、
あまりにも我慢できないという人は、お医者さんに麻酔を頼むことができるので、
お願いしてみましょう。

次に針脱毛です。
針脱毛とは、電極針という極細の針を1つ1つの毛穴に差し込み、
そこに微弱の電流を流すことで、毛根にくっついている毛母細胞を破壊します。

針脱毛は医療レーザー脱毛よりも確実にムダ毛を脱毛できるので、
完璧に永久脱毛がしたいと言う人にオススメの施術方法です。

しかし針脱毛はすごく痛いことでもしられている脱毛法です。
痛みに相当強い人でなければ、施術を投げ出してしまうこともありますので、
注意しましょう。


<脱毛クリームのメリット・デメリット>


自分で手軽にできる脱毛法の中に、「脱毛クリーム」を使う方法があります。
今回は、「脱毛クリーム」のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

<メリット>

・安くて手に入りやすい

脱毛クリームは、1000円~2000円程度で購入することができますし、
ドラッグストアや雑貨屋さん、またはネットショップなど、比較的どこでも手に入れることができます。

・時間がかからない

肌に脱毛クリームを塗って、洗い流すだけなので、全部で15分もあれば終了してしまいます。

<デメリット>

・肌に合う合わないがある

脱毛クリームは、クリームに化学薬品が使用されているので、
商品によっては、肌に合わない場合があります。
初めて使用する場合は、必ずパッチテストを行いましょう。

こうして見ていくと、脱毛クリームにはデメリットが少ないのがわかりますね。
脱毛クリームは自己処理方法の中で、比較的安全に行うことができる脱毛法だと思います。

自分で脱毛をする場合は、脱毛クリームをオススメしますよ♪


<家庭用脱毛器の効果は低い?>


自分で気軽にできる脱毛として人気なのが、脱毛器を使う方法です。
最近では、エステや医療機関で使用されているレーザーと、同じ効果がある脱毛器も販売されています。

しかし、医師免許をもつ者しか扱うことができない医療用レーザーを、自宅で扱えるなんて、矛盾がありますよね。
これには理由があり、家庭用脱毛器のレーザーは、医療用の物より、出力をかなり弱めてあります。
だから私たちでも扱うことができるという訳なんです。

そうなると、やはり医療機関で行う物ほど効果はみられず、結局毛抜きやカミソリで自己処理をしなければならないこともあるそうです。

次に、脱毛器を選ぶ際には、処理が難しい部分でも使用できるかどうか、チェックしましょう。
肌へかかるダメージも、重要なチェックポイントです。

これらの脱毛器に関する口コミ情報は、ネットで簡単に検索できます。
購入する前に、実際に使用してみてどうなのか、値段は高いのか等、色々調べておくといいでしょう。